よくある質問と回答

Q1:ホワイトニングしたいのですが、どのメニューが良いのでしょう?

A1:基本的には白くしたい歯の本数ではなく、「どれくらい白くしたいか」によってメニューを決めて頂きます。また現在の歯の色、質によっても効果の出やすいメニューが変わってきますので、まずはお気軽にカウンセリング(¥700/約30分)でご相談下さい。

Q2:ティースクリーニングとホワイトニングはどう違うのですか?

A2:クリーニングは歯の表面についた色素(ステイン)を取り除き、歯本来の色に戻します。ホワイトニングは自分本来の色より更に白くしたいときに行います。

Q3:ティースクリーニングは歯科医院の歯石除去と同じですか?

A3:違います。ティースアートのクリーニングでは歯石を除去するだけでなく、歯の表面と裏側を数種類の専用ペーストを使って丁寧に磨いていきます。その為、茶渋やタバコのヤニ等の汚れを一度に除去しますので、お口全体でも1日(約1時間)でキレイにする事ができます。 また、最後は歯面をツルツルに仕上げますので、汚れがつきにくくなります。

Q4:どんな歯でも白くなりますか?

A4:ホワイトニングでは人工的な箇所は白くなりません。差し歯や虫歯の詰め物等がこれに当たりますが、これらは気になればホワイトニングの後歯科医院にて白さを合わせてやりかえると綺麗になります。
神経を抜いている歯は健康な歯より通常白くなりにくいですが、メニューによっては同じように白くなった事例もあります。
しかし、歯質によっては白くなりにくい場合がありますので、カウンセリングでご相談下さい。

Q5:ホワイトニングは誰でも出来ますか?

A5:虫歯が多い場合や知覚過敏が強い場合、歯周病がひどい場合には出来ない事があります。また人工歯や差し歯、詰め物、金属により変色してしまった歯などにはホワイトニングではなくマニキュアをお勧めします。詳しくはスタッフまでお尋ね下さい。

Q6:どれ位で白くなりますか?

A6:白くなる時間には個人差があります。また同じ人の歯でも白くなりやすい歯と、なりにくい歯があります。
徐々に白くしていくティースホワイトニングでは元の歯の白さにもよりますが、ご満足いただける白さになるまで平均5~10回です。
お急ぎの方には、1日で白くできる「ブライトスマイル」などをお勧めします。一般的にグレー系や濃い色の歯は白くなりにくいため、マニキュアなどのほうが良い場合があります。

Q7:ホワイトニングの効果はどのくらい維持しますか?

A7:歯は年齢と共に徐々に着色してくるものであり、ホワイトニングした歯も同じように着色してきます。効果を少しでも永く持続させる為にはホワイトニング剤配合の歯磨きを使用して頂く、定期的な色のチェックをお勧めします。
また、毎日お手入れをしていても数年で再び着色してくる事があります。このスピードは摂取食品や嗜好品によって左右されます。たばこ、コーヒー、紅茶、コーラ、カレー、赤ワインなどが歯の着色を早めます。
もし再着色が認められたら、1年に1~2回の追加ホワイトニングを行う事により、ホワイトニングした直後の白さに戻ります。

Q8:ホワイトニングで歯が弱くなることはありますか?

A8:アメリカの大学を始め、日本の各大学の研究でもホワイトニングの安全性は確立されています。ティースアートのホワイトニングは歯を削ることは一切ありませんので、歯を軟化させたり痛めたりすることなく安全に白くすることができます。

Q9:痛みはありますか?

A9:人によっては一時的に知覚過敏の様な「しみ」を感じる方がいらっしゃいますが、個人差があります。もし「しみ」を感じられても一過性のもので、通常24時間すると治まってきますので心配はいりません。

Q10:レーザーホワイトニングとプラズマホワイトニングはどう違うのですか?

A10:レーザーとプラズマの違いは、その光の違いだけで効果はほとんど変わりません。ただ現在ではプラズマ系の光を改良した「ブライトスマイル」などの第5世代のホワイトニングに変わってきており、効果もかなり高くなっています。
そのため、アメリカではレーザーホワイトニングは今ではほとんど行われなくなってきました。

Q11:ホワイトニングした後、2~3日で色が戻ったようなのですが?

A11:ホワイトニングは歯の中の色素を分解して白くしますので2~3日で色が戻ることは通常ありません。多くの場合、白くなった色を毎日見ていることによる"目の慣れ"です。
ただ全ての人が目の慣れというわけではありませんので、もし気になるようでしたらサロンにお越し下さい。無料で色のチェックをさせていただきます。

Q12:ホワイトニングをすると透明感がない不自然な白さになると聞いたのですが。

A12:ホワイトニングの種類やジェルの種類によっては透明感がなくなることもありますが、ティースアートではアメリカで主流の新しい方法を採用しておりますので、通常不自然な白さ(チョーキーホワイト)になることはありません。
逆に透明感がとても高くなるため、ホワイトニングを行なった後に周りの色に合わせて差し歯を作り直す場合などは、従来の方法(メタルボンドなど)ではなく透明感が強いオールセラミックスをお勧めしているくらいです、安心してご利用ください。(但し、抗生物質などが原因で歯の色が濃くなってしまった場合などは透明感がない白さになることがあります。詳しくは各店スタッフまでご相談ください。)

Q13:未成年(20歳未満)ですが施術可能でしょうか?

A13:20歳未満の方が施術をご希望される場合、親権者様の同意が必要になります。
同意書は以下のリンクよりダウンロードして印刷し、必要事項をご記入の上、ご来店時にお持ち下さい。
別の用紙に、同様に記載いただいても構いません。
同意書のダウンロードはこちら